Cocteau Twins Fan Blog

はてなダイアリーから引っ越しました。コメント等は引き継いでいます。

Simon Raymonde

4月になってすっかり春らしくなった。4月生まれのメンバーということでSimon Raymondeに関する紹介記事。

といってもcocteautwins.comに詳しく書いてあるので私があれこれ書く事は少ないのだが。紹介ページのイントロだけさらっと訳すとこんな感じ。

Simon Raymonde

1962年4月3日、イングランドのTottenham生まれ。

SimonはRobinとともに、Cocteau Twinsの主要なソングライターでありミュージシャンである。1984年にLizとRobinに加わってから、主にベース、ギター、そしてピアノにより、Simonは"Cocteau Sound"の特徴を形作ることに力を貸してきた。

1997年にCocteau Twins解散した後、Simonは1998年にBlame Someone Elseというタイトルの最初のソロ作品をリリースした。そしてそれは、批評的にも、ファンからも広く賞賛された。

SimonはBella Union Recordsにエネルギーの多くをつぎ込み続けている一方、新しいアーティストも育んでいる(かなり意訳)。彼は、彼自身の音楽的な興味を追求する一方で、Autumnsやthe Czarsなど他のグループとコラボしている。

Simonはイングランドに、妻のKarenと二人の息子、StanleyとWilliamとともに住んでいる。彼のオンラインでの居場所はwww.simonraymonde.comである。

http://www.cocteautwins.com/html/theband/simon_raymonde.html

September Sound Studioのオフィシャルサイトにはこう書かれていた(拙訳)。

Cocteau Twinsでの14年間、ベーシスト、ソングライター、そしてアレンジャーであったSimonは、彼のデビューソロアルバム、"Blame Someone Else"で昨年(多分1997年)初めから、彼の最初のフルプロダクション・プロジュクトを開始した。彼の次のプロジュクトは、故Billy Mackenziueのアルバム、"Beyond The Sun"の副プロデュースだ。そして、これらの批評的に喝采を浴びたレコードをもって、彼は現在、異色のデンバー出身のCzarsとともに、プロデュースと曲づくりを行っている。

彼の名前はこれらの作品に記されている:The Czars / Tim Keegan / Nanaco / Billy Mackenzie / Harold Budd / Jeff Buckley / Faye Wong / Charlotte Marionneau

Will Heggieが脱退して、RobinとLizの二人だけとなったバンドに、ベーシストとして加入したのが彼、Simon "Funny Face" Raymonde。Drowning Crazeというバンドでベースをやっていた彼はCocteau Twinsのファンでもあり、4ADのIvo氏によりCTに紹介されることとなった。

写真を見ると目元の優しい人の良さそうな感じで、じっさい、彼が加わってからCocteau Twinsの音は温かみが増したように思える。

彼が加わってから発表された最初のレコードは"The Spangle Maker"で、表題曲のほか'Pearly-Dewdrops' Drops'と'Pepper-Tree'が収められている。

Simonは演奏では主にベースを担当し、ピアノとキーボードも担当している。

作曲とエンジニアリングでも相当にかかわっていると思われるが、Robinとの役割分担がどうだったとか、どの曲がSimonの作曲なのか、という情報は公開されていないため不明。

彼の歌声と、作曲や音作りの才能については、ソロアルバムの"Blame Someone Else"により広く知られることとなった。

もっとも、それ以前から、Cocteau Twinsの曲の中でベースが際立った個性を見せていたことから、彼の存在感はしっかりと伝わってきていた。

"Blame Someone Else"は、日本盤こそ、専用デザインのいかにも「商品」という仕上がりだったが、オリジナルはデザインがSimonの奥さんによるもの。演奏はCocteau Twins関係者全員参加のそうそうたるメンバーではあるが、フランス語の朗読でRobinの奥さんのFlorenceが参加していたりもする。合わせて発売されたビデオでは、Simonの奥さんと子供たちが映っている。そんなアットホームな、和気あいあいとした雰囲気のアルバムだ。

ちなみにジャケットが蟹であることは中の曲とは関係ない。

最近のアニメの『あいうら』で、唐突にオープニング曲が蟹づくしで大笑いしたが、それは別に関係ないですねすいません。

RobinとSimonはレーベルBella Unionを立ち上げていくつかのバンドのCDを売り出していた。"Blame Someone Else"もBella Unionレーベル。このレーベルはまだ存続しているが、去年あたりまで受け取っていたDMを見るところでは、設立当初から相当アーティストの傾向が変わってきているような印象を受けた。なお、CDの販売も直売からAmazon委託に変わっている。

でもwikipediaを見るとまだSimonがかかわっているらしい。

ともかく、Simonは今のところ、レコードのプロデュースの方に力を入れているようだ。ミックスなども彼が手がけているらしい。演奏については、最近はあまり参加作品の話を聞かない。

どこかでまた、あの歌うような独特のベースを聞くことはできないだろうか。

Blame Someone Else

Blame Someone Else

最後にSimonに関するリンクを以下に。