Cocteau Twins Fan Blog

はてなダイアリーから引っ越しました。コメント等は引き継いでいます。

Athol-Brose

曲目

原題

Athol-Brose

  1. Athol-Brose
  2. Carolyn's Fingers
  3. Ice Blink Luck
拙訳

アソルブローズ

  1. アソルブローズ
  2. キャロラインの指先
  3. 氷映の幸運

解説

概要

1992年11月1日の日付で発売された、日本限定版のシングルCD。

帯を見て分かるとおり、自動車のCMとのタイアップ。

今となってはマニアの間で希少価値の生じているものではあるが、ジャケットは"Iceblink Luck"のデザインの流用。収録曲は"Blue Bell Knoll"と"Heaven Or Las Vegas"からそのまま。ということで、あまり手間をかけて作られたCDではない。

タイアップしたのは三菱自動車エメロードという車。テレビCMで'Athol-Brose'が使用された。

エメロードとはこんな車。

当時流行していた4ドアスペシャリティを、ギャランをベースに作ったのがこの車。

4ドアスペシャリティは1985年に発売されたトヨタ・カリーナEDの爆発的ヒットが発端となり現れた車で、バブル崩壊後の景気後退とSUVやミニバンの流行のためにいつしか消えていった。

当時現れた同様の車をリストアップすれば、トヨタではカリーナED(3代目までモデルが続いた)、コロナEXiV(カリーナEDの2、3代目の兄弟車)、カローラセレス、スプリンターマリノ。日産ではプレセア(2代続いた)。U12とU13のブルーバードのハードトップもこの範疇と言えなくもない(日産はそれ以前から4ドアハードトップの伝統があった)。マツダではペルソナ。そして三菱がエメロードである。

これらの中で、個人的に一番印象に残ったのはマツダ・ペルソナだった。特に内装が独特のデザインで、豪華さや贅沢さを思い切り味わえる車だった。名前のペルソナというのもいい。この車がオーナーの人格(ペルソナ)を演出する。エンブレムはその名前とコンセプトを反映して、仮面をモチーフとしたものだった。

閑話休題

ジャケットの裏面には伊藤英嗣氏による解説がついている。

1992年9月の日付だが、この時点でバンドが4ADから移籍するという情報が載せられている。

4ADから去ることとなったCTの後継者として、Swallowに期待をかけている。確かに"Blow"はいいアルバムだった。だがしかし、このバンドはさほど長続きはしなかった…。

http://en.wikipedia.org/wiki/Swallow_%28band%29

なお、このバンドもライブの時は日本人ギタリストが加わるという。"Blow"日本盤のライナーによると「マサオ」という人だとのこと。

Swallowについては機会があったら何か書いてみたい。

このCDでなければ聴けない曲はないので、各曲紹介は特になし。

…いや一言。このシングルでは3曲目が'Ice Blink Luck'となっていて、iceとblinkが離れている。iceblinkはこれで辞書に出てる単語であるので、他の作品ではスペースは入っていない。このバンドのおおらかさがこんなところにも現れている。

ジャケットイメージ

ジャケット



ジャケットを広げた表面


ジャケットの裏面