Cocteau Twins Fan Blog

はてなダイアリーから引っ越しました。コメント等は引き継いでいます。

Evangeline

曲目

原題

Evangeline

  1. Evangeline
  2. Mud And Dark
  3. Summer-blink
拙訳

エヴァンジェリン

  1. エヴァンジェリン
  2. ぬかるみと暗闇
  3. 夏のきらめき

解説

概要

1993年9月に発表された、フォンタナレーベルで出された最初のシングル。アルバム"Four-Calendar Café"に関連して作られたもので、表題曲はアルバム収録。残り2曲はシングルのみの収録。

オフィシャルサイトによるとエンジニアリングにLincoln Fong、追加のギターにタテミツヲとBen Blakemanの名前がある。もちろん彼らはアルバムの方にもかかわっている。

1993年の終わり頃か1994年の早い頃に、西新宿のCD屋を回っていてこのシングルを発見して購入した。曲目にアルバム未収録のがあって興奮した。

リマスター版シングル集のVolume 2には"Evangeline"の3曲すべてが入っていて、現在はこれが入手可能。

Lullabies to Violaine: Singles & Extended Plays 2

Lullabies to Violaine: Singles & Extended Plays 2

各曲紹介

'Evangeline'

アルバムからそのままもってきたもの。

オフィシャルサイトにはPVが撮影されたとある。多分これ↓。

'Mud And Dark'

ギリシャ神話のエコーとナルキッソスの悲しい恋物語を描いた歌。

あえてエフェクトかけて言葉を判別しずらくして、物語を分かりにくくしているところがこのバンドらしい。

wikipediaの関連項目、エコーとナルキッソス

'Summer-blink'

この曲は歌詞がかなり聞き取り易く、聞き取りの歌詞を読ませてもらったところ、かなり典型的な自己啓発系の曲と分かった。

で、あるときメーリングリストにて、「こんな詞書くようじゃCTのファンなんかやってらんないよ」と言い出す人が出てきて物議をかもした(笑)。「別にRobinのファンでいいんじゃない」というコメントがあったり、'half-gifts like song'と表現されたりした。海外でもネットの炎上は似たようなものだなあとか思った。

"I'm feeling love for my successes"と聞こえる一節があり、これはもしかしたら、「自分で自分を誉めてあげたい」と訳すといいのかもしれない。惣流の方のアスカか有森裕子かという。

アスカの方は検索したら1996年1月17日放送の第拾六話と判明。

レイ:あなたは、人に誉められるためにエヴァに乗ってるの?
アスカ:違うわ。他人じゃない。自分で自分をを誉めてあげたいからよ!

http://wikiwiki.jp/eva-shingeki/?cmd=read&page=%A5%BB%A5%EA%A5%D5%CA%DD%B4%C9%B8%CB%2F%C2%E8%BD%A6%CF%BB%CF%C3&word=%BC%AB%CA%AC%A4%C7%BC%AB%CA%AC%A4%F2

有森裕子は1996年アトランタ五輪

「メダルの色は、銅かもしれませんけれども……、終わってから、なんでもっと頑張れなかったのかと思うレースはしたくなかったし、今回はそう思っていないし……、初めて自分で自分をほめたいと思います」

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%89%E6%A3%AE%E8%A3%95%E5%AD%90

「「自分で自分をほめてあげたい」は誤記である」なるほど。

オフィシャルサイトの用語集によると、「'summer-blink'とは船員のスラングで、悪天候の中でかすかに光る陽光のこと」だという。

ジャケットイメージ

UK盤