Cocteau Twins Fan Blog

はてなダイアリーから引っ越しました。コメント等は引き継いでいます。

Snowbird:Moon

Moon

Moon

曲目

Moon

  1. I Heard The Owl Call My Name
  2. All Wishes Are Ghosts
  3. Charming Birds From Trees
  4. Where Foxes Hide
  5. Amelia
  6. Bears On My Trail
  7. Porcelain
  8. Come To The Woods
  9. We Carry White Mice
  10. In Lovely
  11. Heart Of The Woods

解説

概要

スノウバードは女性シンガーのステファニー・ドーセンとコクトー・ツインズサイモン・レイモンドが新たに立ち上げたユニット。2014年2月に最初のアルバム、"Moon"(リミックスアルバムの"Luna"も同梱)を発表し活動を本格的に始動した。

検索エンジン用にカタカナで書くのはここまでとして。

Bella Unionの経営に専念していると思われたSimon Raymondeが、本格的に音楽活動を再開したというのは嬉しいニュース。

ただ、氏のFacebookをフォローしているにもかかわらず、このユニットの活動について完全に補足できていなかったことは反省。

5月にこのことを知って、ネット通販でのタイムラグが我慢できず、都内のCD店に行ってさっそく購入した。

聞き続けること1ヶ月。そろそろ各曲の違いを把握できてきた感じがするので、いよいよこのブログで紹介記事を書くこととしたい。

バンド名Snowbirdは和名をユキホオジロという小鳥。wikipedia先生によると日本にも冬に北海道に飛来するという。

一方、アメリカのスラングではコカイン常用者のことだと研究社の辞書にはある。

とはいえやはりSnowbirdと聞いて多くの人がイメージするのはやはり雪山の小鳥のことのようだ。ジャケットも鳥にちなんで羽毛があしらわれている。

Snowbiredsと複数形で書けばカナダ軍のアクロバットチーム、スノウバーズのこととなる。

http://en.wikipedia.org/wiki/Snowbirds

カナダ国産の練習機CL-41を使用していて、北米大陸にありながら欧州型の練習機による多数構成のアクロバットチームである。

さて、音楽のほうはどうか。

これはもう、Cocteau Twins的な音楽を求めている人にとって素晴らしい福音だ。

Stephanie DosenのヴォーカルがとてもLiz的であるし、メロディもアレンジも、「これが実はCocteau Twinsの未発表の曲なんです」と言われたら騙されてしまうようなもの。

だからといってこのアルバムに新規性がないわけではない。これまでにない音を創造していながら、Cocteau Twinsらしさをどこか感じさせるというもの。Simonが描いていたCocteau Twinsの未来をこの作品に反映したのではないか、などという想像がはたらいてしまう。少なくとも、「Cocteau Twinsを引きずるのはやめよう」という考えはバンド内に共有されてなかったことは間違いないだろう。

メロディは、ただし、Robin Guthrieがかかわっていないから、微妙にCocteau Twinsらしさの真ん中からは外れていると思う。ギターの音も、そんなにはRobin Guthrieを擬態していない。

Cocteau Twinsのファンにとっては、FLat7の"Sweet Glow Of Silence"に続いて、ほぼ1年ぶりで、またCocteau Twins的な音楽を聴くことができたわけで、ここにきてとてもありがたい状況になっている。

結論:自信をもってこのブログの読者にお勧めできるアルバム

PVが公開されている。


各曲紹介

このアルバムにはゲストプレーヤーが何人か参加しているので、どの曲に誰がどうかかわっているのかを、CDの記述から紹介。参加しているのは下記の方々(ラッピングに貼ってあったシールに記載されている分)。

  • RadioheadからEd O'BrienとPhil Selway
  • MidlakeからEric PulidoとMckenzie Smith
  • Lanterns On The LakeからPaul Gregory
  • Jonathan Willson

それから、リミックス版"Luna"は「シューゲイザーバンドAuburn Lullのメンバーでもあるミシガン出身のRon GibbsによるユニットRxGibbs」による。

http://amass.jp/34598

'I Heard The Owl Call My Name'

ギターにPaul Gregory。

'All Wishes Are Ghosts'

オーケストラアレンジと弦楽器、ハープ、フルートはWill Vaugban。

ドラムはPhil Selway。

'Charming Birds From Trees'

ペダルスティールギターをSteve Honestが担当。

'Where Foxes Hide'

ガットギターとエレキギターにJonathan Wilson。

エレキギターにPaul Gregory。

ドラムにOl Ketteringbam。

'Amelia'

ギターにEd O'Brien。

Cocteau Twinsの"Treasure"に同じタイトルの曲があるがまったく別の曲。

'Bears On My Trail'

ドラムにMckenzie Smith。

アコースティックギターにEric Pulido。

'Porcelain'

コントラバスにWill Vauban。

ギターにPaul Gregory。

'Come To The Woods'

ギターにPaul Gregory。

ドラムにPbil Selway。

'We Carry White Mice'

Stephanie DosenとSimon Raymondeだけで制作。

'In Lovely'

ギターにEd O'Brien。

'Heart Of The Woods'

パーカッションとドラムとプログラミングをWill Vaugban。

追加のギターにPaul Gregory。

ジャケットイメージ

デジパック。周囲が痛んでいるように見えるのはそういうデザイン。