Cocteau Twins Fan Blog

はてなダイアリーから引っ越しました。コメント等は引き継いでいます。

This Love

Space Between Us

Space Between Us

曲目

The Space Between Us

  1. Weather Storm
  2. This Love
  3. Sly II
  4. After The Storm
  5. Laura's Theme
  6. My Father
  7. Balcony Scnene (Romeo & Juliet)
  8. Rise
  9. Glasgow
  10. Let's Go Out Tonight
  11. Childhood
  12. Hymn

解説

"The Space Between Us"は映画音楽の作曲家として知られるCraig Armstrong/クレイグ・アームストロングが1997年にリリースした最初のソロアルバム。

2曲目の'This Love'はヴォーカル曲で、Elizbeth Fraserが歌っている。

Cocteau Twins後のElizbeth Fraserの曲では、おそらく屈指の名曲。「神曲」と評してもよいと確信している。

Cocteau Twinsがバンドとして存続が難くなっていたとき、Lizはブリストルの方のアーティストと関係を密にしていた。その成果の一つがこの曲。

この曲の完成度の高さは、多分にCraig Armstrong氏の作曲と編曲の才能によるところが大きい。そしてもちろん、Lizのヴォーカルもまた素晴らしい。

クレジットには[Written by Armstrong]としかないので、推測だが、歌詞はCraig Armstrongの作ではないかと思う。日本盤に歌詞カードがついているが、Cocteau Twinsのほかの曲に比べて歌詞がシンプルでストレートすぎるのがその理由。

'This love is a strange love'というフレーズは、映画『博士の異常な愛情』を連想させる。キューブリックの映画リスペクトは映画音楽を主な仕事とするArmstrong氏の発想と考えると無理がない。

以降は個人的な話だが、2000年あたりに月1で福岡まで行っていたことがある。空港から目的地までの地下鉄で、学生らしい若い女性がCDを聞いていた。そして、まさにこのアルバムを取り出して、CDプレーヤーにセットするところを目撃した。どうという話ではないが、それぐらいにこのアルバムは人気だったのだなあという話。

'This Love'だけでなく、他の曲もレベルが高いです。

ジャケットイメージ

東芝EMI

安部薫氏によるライナーと歌詞・対訳つき。