読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Cocteau Twins Fan Blog

はてなダイアリーから引っ越しました。コメント等は引き継いでいます。

Lush:Gala

Gala

Gala

曲目

Gala

  1. Sweetness And Light
  2. Sunbathing
  3. Breeze
  4. De-Luxe
  5. Leaves Me Cold
  6. Downer
  7. Thoughtforms
  8. Baby Talk
  9. Thoughtforms
  10. Scarlet
  11. Bitter
  12. Second Sight
  13. Etheriel
  14. Hey Hey Helen
  15. Scarlet

解説

1990年に4ADから発売されたコンピレーションアルバム。

USと日本向けにシングル収録曲等を集めたもの。日本盤は日本コロムビアから発売。久保憲二氏の1990年10月付のライナーと歌詞が付属している(#5, 6, 10の歌詞は入手できなかったとのこと)。

1990年までにリリースしたレコードから13曲と未収録の2曲からなる15曲。

デビュー作"Scar"は#8〜13。1990年のEP、"Mad Love"は#4〜7。1990年のシングル"Sweetness And Light"は#1〜3。

14曲目の'Hey Hey Helen'はABBAのカバー。15曲目のScarletは10曲目の別バージョン。

"Mad Love"はRobin Guthrieによるプロデュース。14、15曲目もRobin Guthrieの手によるもので、BBCJohn Peel Sessionのために録音されたもの。

1990年なのでメンバーはMiki Berenyi、Emma Anderson、Chris Acland、Steve Ripponの4人。

ライナーはくだけた調子で書いてあるが、バンドや曲の紹介をきっちりやっていてとてもいい資料になっている。ChrisとSteveが素人だったMikiとEmaを鍛え上げたとのこと。女性2人の存在感が際立っているがこれも男2人が陰で支えていればこそ。とはいえ曲は基本的にMikiとEmmaが書いているので、演奏ともどもその才能を評価している。

久保氏によるとMikiは「江戸っ子の血が流れている」、Emmaは「知的な人」という印象とのこと。曲を聴く以外で二人のことをあまり知る機会がないけれど、なるほどなとちょっと同意。特にEmmaの知的な雰囲気は後のSing-Singの作品でも感じ取ることができる。

洋曲のライナーはけっこう適当なものもあるけどこのライナーは当たり。

ジャケットイメージ

ジャケットは日本盤と分かる要素はない様子。

日本盤の帯。新進気鋭のバンドを猛プッシュ。