Cocteau Twins Fan Blog

はてなダイアリーから引っ越しました。コメント等は引き継いでいます。

Sunburst And Snowblind

曲目

原題

Sunburst And Snowblind

  1. Sugar Hiccup
  2. From The Flagstones
  3. Hitherto
  4. Because Of Whirl-Jack
拙訳

日差しと雪めくら

  1. 砂糖しゃっくり
  2. 石畳から
  3. ここまで
  4. ぐるぐる回るジャックにより

解説

概要

1983年9月(wikipediaによると11月7日)に発表された3枚目のシングル。10月に発表されたアルバム"Head Over Heels"とペアとなる作品。おそらく収録曲の制作は同時に行い、曲ができてからアルバムとシングルに振り分けたのだろう。

タイトルの"Sunburst And Snowblind"は"Head Over Heels"の1曲目、'When Mama Was Moth'の歌詞の冒頭部分。

Will Heggieが脱退し、LizとRobinの二人により制作された。

曲の雰囲気は当然というか"Head Over Heels"に似ている。

発売時はアナログレコードで、"Head Over Heels"がCDで出たときにその後ろにこのシングルが丸々収録された。

'From the Flagstones'と'Hitherto'はコンピレーションアルバムの"The Pink Opaque"にも収録されている。

1991年に10枚組BOX SETのうちの1枚として再版された。

BBCJohn Peel Sessionで演奏された'Sugar Hiccup'、'From the Flagstones'、'Hitherto'は"BBC Sessions"に収録されている。

リマスターされたシングル集のVolume 1に4曲すべて入っていて、現在はこれが入手可能。

Lullabies to Violaine: Singles & Extended Plays 1

Lullabies to Violaine: Singles & Extended Plays 1

各曲紹介

Sugar Hiccup

3拍子の癒し系の曲。

"Head Over Heels"にも収録されているが、シングルに入っているのは「12-inch extended version」とのこと。

もっとも、extended versionという割に収録時間は3:37で、アルバムの方の3:42よりわずかに短い。

From The Flagstone

flagstoneは「フラッグストーン」とカタカナ語でも通じる言葉で、石畳の敷石のこと。

落ち着いた曲調で時にやや力の入った声が入る。後の'The Spangle Maker'に似た雰囲気がある。

Hitherto

マイナー調でややシャウトの入る曲。アレンジが荘厳な感じ。途中低音がブ〜〜〜〜ンて入ってくるのが心地いい。

Because Of Whirl-Jack

'Whirl-Jack'が今ひとつ意味が分からない。whirlはぐるぐる回るとかいった意味だが、Jackは意味が多すぎて絞れない。用語集にも載っていない。

アップテンポの曲。ピアノが入って独特の雰囲気がある。

ジャケットイメージ

日本コロムビア

日本版BOX SETに収納されていたもの。