Cocteau Twins Fan Blog

はてなダイアリーから引っ越しました。コメント等は引き継いでいます。

Violaine CD2

曲目

原題

Violaine CD2

  1. Violaine
  2. Smile
  3. Tranquil Eye
拙訳

ヴィオレーン CD1

  1. ヴィオレーン
  2. ほほえみ
  3. おだやかな瞳

解説

概要

1996年10月に発表されたシングル。"Milk & Kisses"関連のシングル第2弾であり、同時に発売された緑のCDともども、Cocteau Twinsがリリースした最後の新作曲の入ったCDとなった。

なお、最後に発表された曲は'Touch Upon Touch'で1996年の末に発表されたコンピレーションの"Volume 17"に収録されているとのこと。

"Tishbite"と同様にCD 1(緑)とCD 2(紫)の2枚が同時に発売された。

オフィシャルサイトのディスコグラフィを見ると、Disc 1が紫、Disc 2が緑となっているが、手元の現物では紫の方に'CD2 Also available with exclusive tracks CTCD6'なるシールが貼ってある。

Disc 1と2の順序は、CDの番号順というのがバンドの公式なもので、売ってるCDのシールは貼り間違いということらしい。"Violaine"で言えば番号の若い紫がCTCD6でDisk 1、緑がCTDD6でDisk 2。リマスター盤のシングル集もこの順番になっている。

アナログ盤についてはDisc 1とか2とか貼ってないのでこういうややこしい問題はない。

と一瞬思ったのだが。

手元に紫のアナログ盤があるので確認すると;

B面の曲が'Alice'、'Tranquil Eye'って、2枚のCDの曲が混ざってる。

さらに、再生して驚いた。B面の実際に入ってる曲は'Circling Girl'と'Alice'だ。なんのことはなく、緑のCDと同じ曲が入っていた。

プロモ盤なのでこんなアバウトなことになっていたらしい。

普通にBella Unionから通販で買ったはずなのに(1999年10月のこと)プロモ盤というのは謎。

リマスター版シングル集のVolume 2には"Violaine CD2"の3曲すべてが入っていて、現在はこれが入手可能。

シングル集の曲順は紫→緑の順番。緑の方の'Violaine'は省略されている。

Lullabies to Violaine: Singles & Extended Plays 2

Lullabies to Violaine: Singles & Extended Plays 2

各曲紹介

'Violaine'

アルバム"Milk & Kisses"からそのまま。

'Smile'

初夏の朝に似合う、瑞々しく軽快な曲。中盤ベースが溌剌とメロディを奏でて曲を盛り上げてゆくのが心地よい。

'Tranquil Eye'

題名の通りおだやかな曲。

Faye Wongがアルバム『浮躁』で「分裂」というタイトルでこの曲をカバーしている。冒頭の歌詞が中国語の「分裂」の読みとよく似ているのが面白い(先に聞いたのが「分裂」だったのでこういう感想になってしまった)。

オフィシャルサイトの用語集では'tranquil eye'が熟語として何か意味があるような説明がなされているので、後で読んでみたい。

ジャケットイメージ等

UK盤CD


プロモ盤レコード

'PROMO ONLY NOT FOR SALE'とあるが普通に買えてしまった。

入っている曲目はここに書かれているものとは異なる。

バーコード部分。アナログレコードの番号は'CTX 6'。