Cocteau Twins Fan Blog

はてなダイアリーから引っ越しました。コメント等は引き継いでいます。

Blame Someone Else

Blame Someone Else

Blame Someone Else

曲目

Blame Someone Else

  1. It's A Family Thing
  2. Love Undone
  3. The Seventh Day
  4. In My Place
  5. Supernatural
  6. If I Knew Myself
  7. It's Raining Today
  8. Muscle And Want
  9. Worship Me
  10. A Fault Of Mine
  11. Days
  12. Tired Twilight
  13. Summers' blue
  14. Left Untouched The Flowers Grow
  15. Let Love In

解説

概要

1997年に発表されたSimon Raymondeのソロアルバム。

SimonとRobinが共同で立ち上げたレーベル、Bella Unionから発売された。

曲は3曲のカバーと1曲のRobinとの共作を除いてすべてSimonの作曲。演奏もほとんどSimonによる。そしてヴォーカルもSimon本人。Cocteau Twinsでは聴くことができなかったSimonの声をたっぷり聴ける。

他に何人かアルバム制作にかかわっていて、基本的にCocteau Twinsのメンバーとサポートメンバーは全員参加。そのほかにもゲストを呼んでいる。

September Sound Studioを使って、ほとんどCocteau Twinsの関係者で作っているので、制作費はほとんどかかっていないと推測される。

蟹をあしらったジャケットのデザインはKaren Raymondeによるもので、彼女はSimonの奥さん。

このアルバムから、Simonの作曲の才能を知ることができ、Cocteau Twinsではベースやピアノの演奏だけでなく、曲作りの中でもかなり大きい役割を担ってきたことが推測される。

1997年のうちに日本でも容易に買えるようになっていたのたが、1998年になってなんと日本盤がビクターエンタテインメントから発売された。歌詞、訳詞、早川加奈子氏によるライナーと各曲解説、そしてボーナストラックが3曲もついていた。また驚いたのは、CDのデザインが全く違うものになっていた。

現在このアルバムはBella Union盤も日本盤も絶版のようだ。

その後のSimonの活動としては、Simon Raymonde & Nanacoとして1999年に"Luminus Love In 23"を発表。

他に演奏で誰かに協力したり、ということは行っていたようだけど、Simonの名前としては目立った作品は出さず。Bella Unionからの他のアーティストの作品リリースの仕事の方に力を入れていたような印象。

そして2014年1月。Stephanie DosenとSnowbirdとして活動を開始。アルバム"Moon"を、リミックスアルバム"Luna"との2枚組みで発表した。

Snowbirdの今後は大いに期待される。

各曲紹介

'It's A Family Thing'

家族の問題、と題された1曲目は特徴的なギターの音から始まる。メロディはどちらかというと明るく深刻なものではないが、歌詞のほうは朝の4時に月の人に会ったりなんか煮詰まった感じ。

ドラムにVinnie Lammiが参加。

同名のシングルが出ているが入手できなかった。

'Love Undone'

ラッパの入ったメランコリックな曲。

ドラムはVinnie Lammi。トランペットはMick Ball。

'The Seventh Day'

ゆったりとした曲。コーラスが印象的。ラッパ的な音が聞こえるがキーボードかもしれない。

ドラムはVinnie Lammi。

'In My Place'

Boudleaux/Felice Bryant(ブライアント夫妻)の曲のカバー。

ゲストボーカルにCharlotte Marionneauを迎えてのデュエット曲。PVが作成されていてCharlotteがすごく可愛い。

ドラムはタテミツヲ氏。

'Supernatural'

ちょっとシリアスでかっこいい曲。

後になって同じタイトルの米国ドラマ(邦題『スーパーナチュラル』)がヒットした。アニメ版(日本のマッドハウスが制作)が少し前に深夜に放送されたので見た。ついこの曲を口ずさんでしまった。

ドラムはタテミツヲ氏。

'If I Knew Myself'

さびしげなピアノの響きが印象的。

これもドラムはタテミツヲ氏。

'It's Raining Today'

Noel Scott Engelのカバー。

弦楽器が入っている。「今日は雨降り」、というタイトルにイメージぴったりの曲。

弦楽器はAndrew Skeetがアレンジしている。

'Muscle And Want'

Robin Guthrieとの共作。歌詞はL.Bealesによる。

ギターの演奏もRobin GuthrieでものすごくCocteau Twinsっぽい。声がSimonであることがもっとも大きな違い。

'Worship Me'

ゆったりとしてちょっと荘厳な曲。基本的にSimonが歌っているが、後のほうでElizabeth Fraserのボーカルが入る。日本盤にはLizのパートの歌詞も載っている。

ドラムはDamon Reeceが参加。

'A Fault Of Mine'

「僕の欠点」という題名のややマイナーな曲。ベースがすごくSimonらしい。

ドラムはMiguel Morlandが参加。

'Days'

アメリカのバンド、Televisionの"Adventure"というアルバムの曲のカバー。

独特のギターのイントロを再現。飄々とした感じの曲。

ドラムはDave Palfreman。

'Tired Twilight'

12分もある大作。

歌詞はDave Allisonによる。ドラムとベースはタテミツヲ氏。

翻訳と声はFlorence Guthrie。歌の途中でフランス語の朗読が入る。Florenceはフランス人でRobin Guthrieの奥さん。

'Summers' blue'

日本盤のボーナストラック。

あまり聞き込んでいないのでレビューはご容赦を。

'Left Untouched The Flowers Grow'

日本盤のボーナストラック。

あまり聞き込んでいないのでレビューはご容赦を。

'Let Love In'

日本盤のボーナストラック。

あまり聞き込んでいないのでレビューはご容赦を。

ジャケットイメージ

オリジナル


ビクターエンタテインメント

ジャケット。

このジャケットは開くとこの通り、すごく匠の技を感じさせるアートになっている。

CDの板。

CDの下にはこんなイケてる写真が入っている。

帯。

PVのビデオ

箱の表面。

箱の裏面。

'Muscle And Want'と'In My Place'が入っている。

VHSのビデオカセット

ビデオはBella Unionの通販で購入した。